住宅の塗装工事、改修工事から大規模改修工事、防水工事のことなら茨城県つくば市の梅沢塗装工業にご相談ください。

シート防水

シート防水

塩化ビニルシートやゴムシートを下地に貼り付ける防水工法です。
塩ビシートによるシート防水は仕上がりが美しく、優れた耐久性があり、メンテナンスの頻度もウレタン防水より少なくて済みます。 維持費用も含めた総合的なコストパフォーマンスを考えれば非常にメリットがある防水工法です。
施工が比較的容易で短期間で済みます。
ですがシートを貼り付けるという手法上、複雑な箇所や凸凹した下地への施工は難しくなっています。また、重歩行はできません。
広く平らな屋上などに適した防水法です。
工法には防水シートを下地に貼り付ける「密着工法」とディスク板などを使って固定する「機械固定工法」があります。
梅沢塗装工業ではどちらの工法でも施工できます。シートは主に塩ビシートを取り扱っています。

塩ビシート防水の種類

密着工法

接着剤などで塩ビシートを貼り付けます。
工期が短い、歩行可能等の長所がありますが、下地に密着する構造のため下地に含まれている水分の影響を受け、膨れが発生しやすい短所があります。

機械式固定法

アンカーやディスク板を使って塩ビシートを下地に固定します。
上からシートを被せて施工するので旧防水層の撤去が不要で、下地調整の必要もほとんどありません。アンカーを打ち付けて固定するので接着剤の乾燥待ちなどもなく工期が短く済みます。

工程紹介

塩ビシート防水の機械式固定法の工程をご紹介します。

かぶせ工法で、旧防水層に新規の防水層を「かぶせて」施工しています。

01下地調整

新防水シートが破れないよう凸部を取っていきます。必要があれば高圧洗浄などで清掃します。

02通気マット貼りこみ

湿気を逃し、下地の不陸を緩和する働きがあります。床部分に敷き詰めていきます。

03鋼板取り付け

入り隅に鋼板を取り付けていきます。

04固定用ディスクの取り付け

機械的固定工法では、アンカー固定したディスクに溶着して新規防水用シートを固定します。

05塩ビシート貼り

塩ビシートを敷き込みます。通気マットと同じく全面に敷き詰めます。

06溶着剤塗りこみ

溶着剤(接着剤)を塗ってシートとシートのジョイント部を貼り付けていきます。これでシートとシートが一体化します。

07誘導加熱機にて融着

誘導加熱装置を使用してシートをディスクに溶着して固定します。

08改修ドレンの取り付け

塩ビシート専用の改修ドレンを設置します。

09コーナー部処理

コーナー部もパッチを張っていきます。

10脱気筒の取り付け

シート内に湿気が溜まらないよう脱気筒を取り付けます。

11端部シールの塗布

接合部やパッチ廻りに端部処理用シールを塗布していきます。

12施工完了

有限会社梅沢塗装工業
[住所]
 〒300-4233
 茨城県つくば市君島387
[TEL] 029-867-1007
[FAX] 029-867-4473
[業務内容]
 塗装工事/防水工事/修理

茨城県南
(つくば市、土浦市、取手市、牛久市、龍ケ崎市、石岡市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市、稲敷郡、阿見町、河内町、美浦村、北相馬郡、利根町)
PAGETOP
Copyright © 有限会社 梅沢塗装工業 All Rights Reserved.