住宅の塗装工事、改修工事から大規模改修工事、防水工事のことなら茨城県つくば市の梅沢塗装工業にご相談ください。

アスファルト防水

アスファルト防水

液状の溶解アスファルトと、防水性の高いアスファルトシートを積層し、厚みがあり水密性の高い防水層をつくります。
防水層が厚く連続した仕上がりになるため、施工の不具合が出にくい工法です。
他の工法よりも耐用年数が長いので、メンテナンスは少なくて済みます。

アスファルト防水の種類

熱工法

熱風溶着機で加熱・溶融したアスファルトで2~4枚のアスファルトルーフィングシートを積層する方法です。
短時間に硬化して防水性能を発揮するが、高温での作業が必要で、アスファルト溶融時に、特有の臭いが発生します。

トーチ工法

改質アスファルトルーフィングシートの裏面と下地をトーチバーナーであぶり、溶かしながら貼り付けます。
炎と特有の臭いを発生します。

常温工法

下地にプライマーを塗布、乾燥させた後に改質アスファルトルーフィングシートを貼り付け、ローラーなどで圧をかけ接着させる方法です。
加熱がいらないが低温時には接着しにくい場合があります。

工事写真

準備中

有限会社梅沢塗装工業
[住所]
 〒300-4233
 茨城県つくば市君島387
[TEL] 029-867-1007
[FAX] 029-867-4473
[業務内容]
 塗装工事/防水工事/修理

茨城県南
(つくば市、土浦市、取手市、牛久市、龍ケ崎市、石岡市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市、稲敷郡、阿見町、河内町、美浦村、北相馬郡、利根町)
PAGETOP
Copyright © 有限会社 梅沢塗装工業 All Rights Reserved.